/

この記事は会員限定です

讃岐の醤油製法が文化財に 「地域の宝」保護の裾野拡大

[有料会員限定]

文化財保護法の改正で文化財の保護対象が広がり、新しい文化財の保存活用が課題になっている。国の審議会は7月、香川県の伝統的な醤油(しょうゆ)製法を保護制度の対象に選定。市町村レベルでも未指定の文化財を含めた「地域の宝」を調査し、保存活用する地域計画づくりが進むなど、地域文化の伝承への取り組みが始まっている。

古くから風待ち港として栄えた香川県東端の引田港(東かがわ市)。海岸そばに赤い壁が映える老舗の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン