/

この記事は会員限定です

東北新幹線40年 宇都宮や那須塩原、移住・通勤圏へ

(更新) [有料会員限定]

1982年の東北新幹線、大宮―盛岡間の開業から40年。栃木県内には小山、宇都宮、那須塩原と3駅が設置され、移動時間の大幅な短縮でビジネスや観光など移動は活発になった半面、首都圏への流出も引き起こした。栃木の自治体は新型コロナウイルス禍で3密回避の「新幹線通勤」をアピールし移住や定住者獲得に知恵を絞っている。

那須塩原駅。平日午前6時台は同駅始発も含め、5本の東京行き各駅停車タイプのなすの号が設定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン