/

この記事は会員限定です

岡山の林原、家業脱し「国際バイオ企業」へ

企業研究 林原再生の10年㊤

[有料会員限定]

2011年の経営破綻後、長瀬産業の傘下に入り再生の道を歩み始めて10年。岡山の老舗食品原料企業、林原が創業家による家業を脱し「国際バイオ企業」への転身を図ろうとしている。「サステナビリティー(持続可能性)」を前面に出して海外とも連携を加速。破綻から学んだ市場に敏感な研究開発や販路開拓などの課題を見据え、食品のほか医薬や農業分野でも事業展開を狙う。

林原が精力的に動き始めたのは3年前。18年9月、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1470文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

SDGs

SDGsは「Sustainable Development Goals」の頭文字をとった略語で、国連サミットで2015年9月、全会一致で採択された世界共通の行動目標。国や民間企業の取り組みに関する記事をお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン