/

この記事は会員限定です

暮らしの相談から地域づくり 高知市全域に無料の窓口

[有料会員限定]

災害の備えでいわれる「共助」の考えを取り入れ、住民の孤立を防ぐ試みが高知市で進んでいる。日常でのちょっとした困りごと相談をきっかけにコミュニティーの再構築につなげる。市は11月、無料の相談窓口を市内全域の104カ所に拡大した。課題解決に自ら動き出す地区も出てきている。

「この地域では規模が大きく、スタッフも多い。気軽に相談してもらえれば」。あじさい薬局北本町店の薬剤師、宮部祐輔さんがにこやかに話...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン