/

この記事は会員限定です

新潟の赤泊―寺泊航路12月復活 和幸船舶、貨物便で参入

[有料会員限定]

船舶運送・内航海運の和幸船舶(神戸市)は、新潟県の赤泊港(同県佐渡市)と寺泊港(同県長岡市)を結ぶ航路に参入する方針を固めた。貨物輸送の定期運航を目指し、12月上旬に試験運航を始める。物流の利便性を高め地域経済の発展に寄与する狙い。24日にも発表する。

和幸船舶は、佐渡島の食材を本土に、本土の雑貨や日用品を佐渡島のドラッグストアに届ける。カーフェリー「粟国(あぐに)」を使う。長さ65メートル、幅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン