/

鉄道・バスの二刀流、DMVが運行開始 四国で世界初

(更新)

道路と線路の両方を使う世界初の乗り物「DMV(デュアル・モード・ビークル)」が25日、四国で運行を開始した。徳島県と高知県を結ぶルートの沿線自治体などが出資する第三セクター、阿佐海岸鉄道(徳島県海陽町)が運営。過疎地を含む地域の足となるだけでなく、四国観光の起爆剤としての役割も担う。

マイクロバスを改造したDMVは、ゴムタイヤと鉄の車輪を備えている。四国南部の海沿いにある徳島県海陽町と高知県東洋町をつなぐ約15キロメートル(所要時間は35分)のうち、10キロは線路を走行する。バスと鉄道の切り替え時は、15秒ほど車両が浮き沈みしてタイヤと車輪が交代する。

1台の定員は20人余り。乗車はネット予約が原則で、始発から終点までの片道料金は800円だ。土日祝日は高知県室戸市まで約50キロを走る便(同2400円)も1往復する。

DMVはJR北海道が基本システムを開発したが、経営難から2014年に実用化を断念。徳島県が「公共交通の救世主に」と構想を受け継ぎ、関係自治体などと事業費16億円を投じて実現した。地元への経済効果は年2億円を見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン