/

この記事は会員限定です

石川沖でイカ大漁、1カ月遅れで旬到来 卸値2割安く

[有料会員限定]

初夏を代表する魚介類、スルメイカの漁獲量が石川県で増えてきた。例年より1カ月ほど遅く、イカの群れがやってきた。石川県沖には全国のイカ釣り船が100隻近く集結。金沢には連日、1万箱以上のイカが入荷し、港はイカで埋め尽くされている。卸値は前月より2割下落。店頭には前年よりやや安い1匹100~200円台で並ぶ。

22日朝、金沢港には北海道から九州まで全国のイカ釣り船が続々と寄港していた。能登半島の沿岸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン