/

この記事は会員限定です

軽さと強さ、杜氏2派の融合 富山・若鶴酒造「苗加屋」

酒紀行

[有料会員限定]

富山県西部の田園地帯は、白山水系の庄川の伏流水に恵まれた銘酒の産地だ。1862年創業の若鶴酒造(砺波市)は、酒蔵では珍しく日本三大杜氏(とうじ)のうち2派の酒造りを受け継ぐ。軽い飲み口の酒を造る新潟の越後杜氏と、ガツンとくる強い味を醸す岩手の南部杜氏。2流儀の融合から多彩な酒を生み出す。

JR城端線の油田(あぶらでん)駅を降り、歩いてすぐの場所にある若鶴酒造の本社。敷地内に立つ「昭和蔵」はかつて、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン