/

この記事は会員限定です

GWの東北観光地、宿泊施設予約は前年超え多く

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下で3度目のゴールデンウイーク(GW)を迎える東北の観光地。変異型「オミクロン型」の感染拡大や3月に福島県沖で発生した地震による影響が緩和し、宿泊施設の多くで前年を上回る予約が入っている。宿泊代金を割り引く県民割やブロック割の適用対象からGWが外れ、宿泊時期の分散化も期待されている。

「昨年よりは確実に来場者が増える」。常磐興産が運営する「スパリゾートハワイアンズ」(福島県いわ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン