/

eスポーツで水戸駅前を元気に IT発信施設が開業

水戸駅北口の商業ビルに22日、コンピューター対戦ゲーム「eスポーツ」を中心とするIT(情報技術)発信拠点施設「AREA310(エリアみと)」がオープンした。カーレースゲーム用の4席と大画面モニターを備えたeスポーツエリアを無償で開放。水戸駅前のにぎわい創出を図る。

水戸市のIT企業、アプリシエイトが「マイムビル」2階に開設した。拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術に触れられる場も用意。同社の和田幸哉社長は「ゲームはIT技術の宝庫。多くの人に興味を持ってもらうきっかけをつくり、水戸から世界に発信したい」と話した。

開会式では大井川和彦知事、小泉元伸教育長、高橋靖水戸市長、和田社長がカーレースを体験。1位でゴールした高橋市長はあいさつで「ビル2階の空きが埋まったのは喜ばしい。中心市街地の活性化や多様な働き方の起爆剤になれば」と発言。大井川知事は「デジタル社会に挑戦し発信できる場ができたのは素晴らしい」と述べた。

開会式後にはアプリシエイトのプロeスポーツチームの発足式も開催。常陽銀行や筑波銀行のeスポーツ同好会も参加し、エキシビションマッチを開いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン