/

この記事は会員限定です

鳥取「とうふちくわ」のちむら、旗艦店に体験型施設

[有料会員限定]

鳥取県東部の伝統的な食材、とうふちくわを製造・販売するちむら(鳥取市)は体験型観光・食育の新拠点を7月上旬にも開業する。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いてくるとみて、観光需要を取り込む。小学校の社会学習や県外からの修学旅行にも利用できるようにし、地域のPRにつなげる。

新拠点「とうふちくわLab」(仮)は鳥取市河原町のちむら本社に隣接した旗艦店「とうふちくわの里・布袋店」に併設する。建物面...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン