/

スクロール、浜松のフラワーパーク運営財団と連携協定

通信販売大手のスクロールは「はままつフラワーパーク」を運営する浜松市花みどり振興財団(同市)と、相互協力と連携に関する協定を結んだ。持続可能な地域社会の実現に向けて両者の経営資源を生かす。

同財団の塚本こなみ理事長がスクロールの「環境アンバサダー」に就任し、環境保全など同社の社会貢献活動を紹介する。一方でスクロールが配布する通販カタログではフラワーパークの情報を発信。植物の魅力を生かした地域活性化の取り組みを紹介する。

また、スクロールの従業員がボランティアとしてフラワーパークで園芸作業に参加するほか、同社従業員から募る寄付金を一部、パークの活動資金に充てる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン