/

この記事は会員限定です

高齢者の虚弱化、電力データで発見 長野・松本で実証

[有料会員限定]

長野県松本市は加齢に伴って心身が衰えるフレイル(虚弱)の早期発見に向けた実証を5月中旬に始める。各家庭の電力メーターから得た時間ごとの電気使用量をAI(人工知能)が分析し、フレイルと推定される高齢者を抽出。保健師などが予防改善方法などを助言する。

中部電力や同社などが出資するネコリコ、東大発スタートアップのJDSCの3社と実証実施に関する協定を締結した。松本市が「フレイル予防モデル地区」と位置づ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン