/

リニアルート変更正式要請へ 静岡・川勝知事、JR東海に

静岡県知事選後は初めてとなる県庁での記者会見に臨んだ川勝知事(22日)

静岡県知事選で4選を果たした川勝平太知事は22日の記者会見で、リニア中央新幹線の静岡工区のルート変更をJR東海に正式要請する意向を示した。要請の時期は工事の環境への影響を議論する国の有識者会議の報告などをみて判断するとし、明言を避けた。

静岡工区は大井川の地下を通すトンネル工事を県が許可せず未着工となっている。ルート変更を含む工事見直しは川勝氏の持論だが、県として事業主体のJR東海に直接要請したことはなかった。川勝氏は知事選の対抗馬だった自民党推薦候補が「ルート変更、工事中止も含め状況を踏まえ対応したい」と討論会で訴えたことを指摘した上で「自民党と意思疎通し、一緒にJR東海に(ルート変更を)申し入れたい」と語った。

具体的な時期や要請内容を巡っては「東京五輪があり、新型コロナウイルスも収束していない。(国の有識者会議などで)生態系について本格的に議論がされていないので見極めなければならない」と述べるにとどめた。

リニアの静岡工区を巡っては、赤羽一嘉国土交通相が22日の記者会見で「JR東海は引き続き地域の理解と協力を得ていく必要がある。国交省としては、そうした努力を続けるようJR東海をしっかり指導していきたい」と話した。21日には加藤勝信官房長官が記者会見で「事業主体であるJR東海に最大限の努力をしてもらう必要がある」と指摘。「(国の有識者会議で)引き続き科学的、工学的な議論が進められる」と語っていた。

(静岡支局 高畑公彦)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン