/

この記事は会員限定です

中国電、需給逼迫に備え 発電所の点検時期など見直し

[有料会員限定]

中国電力が今冬の需給逼迫への備えを厚くしている。昨冬は寒波に液化天然ガス(LNG)不足が重なって電力が不足したことから、LNGに関わる業務を見直す。発電所の運転を一時止める必要がある「定期点検」のタイミングを、電力需要が高まる時期に重ならないよう前後にずらす。顧客への節電要請に追い込まれた昨冬の反省を踏まえ、安定供給を目指す。

発電所の定期点検は法令に基づき、数年に1回の頻度で行っている。ボイラーやタービ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り951文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン