/

栃木銀行のビジコン、ドローン×AI救助が最優秀賞

栃木銀行が主催する「とちぎんビジネスプランコンテスト」の最終審査会が開かれ、ドローンと人工知能(AI)による画像解析を組み合わせた災害時などの救助システムを開発しているロックガレッジ(茨城県古河市)が最優秀賞を受賞した。42組の応募者のうち、3回の選考を通過した5組が最終審査に臨んだ。

優秀賞には子供の身体能力を基に適切なスポーツをマッチングするWAQUOISE(宇都宮市)が選ばれた。

コンテストは起業家育成を目的に開催しており、6回目。今回から起業だけでなく新型コロナウイルス下で新規事業に挑む「第2創業」も対象に加えた。入賞したかどうかにかかわらず応募者はビジネスマッチングなどの支援を栃木銀から受けられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン