/

カード形式の障害者手帳を導入 神奈川県

神奈川県は10月から、カード形式の障害者手帳を導入する。現状の紙製の手帳かカード形式かを選択できるようになる。カード形式の障害者手帳は運転免許証と同じサイズで持ち運びが容易となるほか、プラスチック製のため耐久性が向上するという。

県は政令市などを除く市町村の交付を担当しており、10月以降に新規や更新、住所変更などを申請する際にカード形式を選択できるようにする。すでに手帳を保有している人による切り替え希望も受け付ける。

受付窓口は各市町村で、切り替えは身体障害者手帳と療育手帳が7月、精神障害者保健福祉手帳は10月から受け付ける。同県内では先行し、横浜市が障害者手帳のカード化を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン