/

いわき市、ユーラスエナジーと風力発電運用で協定

ユーラスエナジーの福島県の風力発電設備

福島県いわき市は市内2カ所で風力発電所の建設を計画している業界大手のユーラスエナジーホールディングス(東京・港)と、建設や運転にあたって安全を確保し周辺住民に配慮することを内容にした運用・管理協定を結んだ。

県内では風力発電所の増加によって一部で住民との紛争が起きている。いわき市は従来の環境アセスメントとは別に事業者と協定を結ぶことでトラブルの抑制を目指す。

ユーラスエナジーは豊田通商などが出資し、東北、北海道など全国で風力発電を展開している。いわき市では田人町で1万9000キロワット、遠野町で3万7000キロワットの風力発電設備を建設する計画。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン