/

三菱ふそうバス製造、新車以外に活路 内外装刷新など

三菱ふそうトラック・バス傘下の三菱ふそうバス製造(富山市)はバスの内外装刷新や車体へのプリンティングといった新車製造以外の事業を始めた。同社が手掛ける大型バスは新型コロナウイルス禍による観光需要の減少で受注が落ち込んでいる。既存のバスを活用するサービスを育て、活路を見いだす。

内外装の刷新は同社が製造した後、顧客が一定期間使ったバスが対象。内装ではシートやフロアマットの張り替え、外装では車体の再塗装やランプの磨き上げといった作業を担う。年間の目標台数は16台。2021年4月に社内にプロジェクトチームを設置し、事業化の検討を進めてきた。従業員の士気向上や技術の維持といった狙いもある。

車体へのプリンティングはバスなど大型車以外に乗用車にも印刷可能で、他社製の車両も受け付ける。大型装置を導入してインクジェットプリンターの原理で取り込んだ画像データを車体に印刷する。凹凸や湾曲のある素材にも対応できる。

デザインによって差はあるが、車体表面にフィルムを貼るラッピング塗装と比べてコストを半分ほど削減でき、おおむね10日~2週間で仕上がるという。専用溶剤を用いれば、何度でも絵柄の描き換えができる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン