/

この記事は会員限定です

広島空港民営化「雌伏の1年」 中四国の玄関口へ布石

[有料会員限定]

広島空港(広島県三原市)は7月1日、完全民営化から1年を迎える。新型コロナウイルス禍という逆風下のスタートで、2021年度の利用客はコロナ前の3分の1程度にとどまった。ただ、運営会社の広島国際空港(同)は中四国の玄関口として周辺の観光団体と協定を結ぶなど、コロナ収束後への布石を着々と打っている。

民営化直後の21年7月から9月にかけて、広島国際空港は広島県や3つの観光団体などとパートナーシップ協...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り999文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン