/

この記事は会員限定です

高齢者もスマホ持って 中国地方自治体、対策に本腰

[有料会員限定]

高齢者にスマートフォンを普及させようとする取り組みが中国地方の自治体に広がっている。通信会社などと組んで講習会を開くほか、購入代金を補助する自治体も出てきた。スマホは様々な手続きや情報提供に不可欠な社会基盤となりつつあり、自治体もデジタルデバイド(情報格差)の解消に本腰を入れようとしている。

4月中旬、広島県の山間部にある神石高原町で移動型のスマホ教室「スマホなんでもサポート号」の運行が始まった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン