/

この記事は会員限定です

八十二銀行・松下頭取、「安定的に純利益250億円以上」

[有料会員限定]

八十二銀行が株主還元策を強化している。2022年3月期の期末配当金を増やしたほか、100億円を上限とした自社株買いも実施する。23年3月期から26年3月期までの連結配当性向を毎期40%以上にする目標も新たに設けた。就任から約1年となる松下正樹頭取に、還元策強化の狙いや今後の経営戦略を聞いた。

――株主還元の強化を打ち出した経緯を教えてください。

「現代の企業は株主、顧客、従業員といったすべてのス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン