/

笠岡信組、企業と人材橋渡し 産業雇用安定センターと連携

笠岡信用組合(岡山県笠岡市)は22日、公益財団法人の産業雇用安定センター岡山事務所(岡山市)と連携協定を結んだ。取引先企業の人材の採用や送り出しについてのニーズをセンターと共有し、企業と人材を橋渡しする。

笠岡信用組合の山本国春理事長(左)と産業雇用安定センター岡山事務所の片山弘志所長(22日、岡山県笠岡市)

締結式に出席した笠岡信用組合の山本国春理事長は「地域経済は疲労しきっており、これから廃業なども増える。事業承継のマッチングにも取り組んでおり、提携が地域経済のためになれるよう頑張っていく」と話した。産業雇用安定センターは岡山県ではおかやま信用金庫(岡山市)や吉備信用金庫(総社市)とも連携している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン