/

東京都と埼玉県職員、オフィスを相互利用 テレワークで

東京都庁のフリーアドレス制のフロア

東京都と埼玉県は職員がテレワークする際に互いのオフィスを利用できるようにする。利用時間や人数などルールを定め、5月中に始める。自宅に近いオフィスで効率的に働けるようにするとともに、職員間の交流を促す。

都は新宿にある都庁内のフリーアドレス制にしているフロア、埼玉県は本庁舎など県の施設を中心にさいたま市や所沢市などにある計9カ所を提供する。出張時のサテライトオフィスとしての利用も見込む。

両自治体は20日にオフィスの相互利用に関する協定を結んだ。いずれも同様の協定締結は今回が初めてという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン