/

北陸電力、カーボンニュートラルガス販売へ

北陸電力は22日、温暖化ガスを実質的にゼロとする「カーボンニュートラルLNG(液化天然ガス)」を、事業者向けに2022年1月から販売すると発表した。大手商社などを通してガスの調達は北陸電力が担い、子会社でガス販売会社の北陸エルネス(富山市)が販売する。企業の脱炭素化の需要を取り込み、収益拡大につなげる。

カーボンニュートラルLNGは天然ガスの採掘、輸送、燃焼などにおけるCO2の排出量を、植林といった森林保護などの支援を通したCO2の吸収量や削減量で得たクレジットで相殺。排出量を実質ゼロとみなす仕組みだ。

北陸エルネスの20年度のガスの販売量は約7万トン。今回のガスは北陸3県以外での販売も予定する。9月には日本海ガス(富山市)が事業者向けに販売する都市ガスの一つとして、カーボンニュートラルガスの扱いを始めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン