/

この記事は会員限定です

中国電力、再稼働へ地元同意が焦点 島根原発2号機

[有料会員限定]

中国電力の島根原子力発電所2号機(松江市)が23日、再稼働に向けた原子力規制委員会の安全審査に事実上合格した。中国電は2号機の安全対策工事を「2021年度の早いうち」に終わらせると説明しており、再稼働の準備を進めている。今後は再稼働に必要な地元同意を得られるかが焦点になる。

規制委は事実上の合格証となる「審査書案」をまとめた。一般からの意見公募を経て、今夏から秋にも正式に合格となる見通しだ。中国電にとって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り448文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン