/

この記事は会員限定です

群馬の「産業革命」3度目はあるか

こだま

[有料会員限定]

群馬県などは16日、自動車産業の動向に関するセミナーを前橋市で開いた。オンライン視聴も含め部品会社などから参加者は約230人にのぼった。冒頭、県産業経済部の鬼形尚道部長は「群馬の産業構造は転換を迫られている」と発言。自動運転や電動化などの波が県内の同産業に変革を迫っていると指摘した。

このセミナーは県の「自動車サプライヤー支援センター」が4月に設立されたことを記念して開かれた。センター設立などで県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン