/

コロナ対応の成果と教訓 都道府県調査から見えるもの

データで読む地域再生 まとめ読み

10月22日に公開したシリーズ企画「データで読む地域再生」では、医療、ワクチン、検査の3つの視点から新型コロナウイルスへの対応力を都道府県レベルでまとめました。国の公表データをもとに計算した各指標ごとの順位を点数化し、ランキングしたところ、国に先んじて対策を打った自治体が上位を占めることが分かりました。大切なのは、過去の教訓を生かし、次の脅威に備えることです。

徳島県、経路不明者の少なさ2位 帰省前のPCR検査も無料で

新潟県、検査600カ所超 10万人当たり累積患者は6番目の少なさ

群馬県、ワクチン接種率2位 県営の大規模接種センター2カ所

大阪府、重症病床使用率5割以下に 「第4波」の経験生かす

福岡県、確保病床数の増加率1位 半年弱で9割以上増やす

岐阜県、PCR検査能力トップ 高機能機器で1日1000件超

秋田県、施設確保の基準6段階 医療機関への協力要請きめ細かく

北海道、PCR検査可能数は上位 病床増加率9%にとどまる

データで読む地域再生

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン