/

スーパーのとりせん、宇都宮市で移動販売を開始

北関東でスーパーを展開するとりせん(群馬県館林市)は、移動スーパーとして食品や日用品を訪問販売する小型冷蔵トラック「とくし丸」の運行を23日から宇都宮市で始める。市内の高齢者の自宅や介護施設を対象に週1~2回程度の巡回を予定する。

取扱商品は販売拠点となる「とりせん 宝木店」の生鮮食品や加工食品、日用品など。同社は2021年から栃木県や群馬県で「とくし丸」を運行してきたが、宇都宮市で運行するのは初めて。運用中のトラックの台数は今回で14台目となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン