/

この記事は会員限定です

極甘フルーツ成長中、若手農家も参入意欲 野菜も甘く

[有料会員限定]

果物がどんどん甘くなっている。品種改良や栽培技術向上で「極甘」へと進み、贈答や海外需要を開拓している。国産果物は農家の高齢化などで栽培面積は減少しているが、産出額は逆に増加。野菜にも甘さ競争が広がってきた。付加価値の高い品種への転換で、若手の参入意欲も高まっている。

金沢市で7月、恒例の石川県産ブドウ「ルビーロマン」の初競りが開かれ、最上級品が1房150万円の過去最高値で落札された。1粒あたり5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません