/

HKS、バッテリー交換式EVトラック 5社で実証研究

HKSはEV車向けのバッテリー制御システムの研究を進めてきた

エッチ・ケー・エス(HKS)は伊藤忠商事などと共同で、バッテリー交換式の電気自動車(EV)トラックの実証研究に乗り出す。EV商用車は稼働時間が長く、充電に時間がかかるなどの課題を抱える。バッテリーを交換式にして運用しやすくすることでEV化を促し、物流網の脱炭素化を進める。このほど環境省の事業に採択された。

研究はHKSと伊藤忠商事、いすゞ自動車、JFEエンジニアリング、ファミリーマートの5社共同で行う。HKSはバッテリーパックの開発を担当する。実証は2022年度下旬から24年度末を予定。開発したバッテリー交換式EVトラックを、埼玉県内の物流倉庫からファミリーマートの各店舗への配送車として活用する。

HKSはEVへの対応としてバッテリー制御システムの研究を進めている。21年4月には台湾の液浸バッテリー新興のシン・モビリティーと協業した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン