/

この記事は会員限定です

茨城の海辺、働き学び交わる場に 阿字ケ浦で通年誘客策

[有料会員限定]

茨城県を代表する海辺の町を仕事や学びや交流の場に変えよう――。コロナ禍の荒波が続く中、ひたちなか市阿字ケ浦町で仕事と余暇を両立するワーケーション誘致などの試みが進んでいる。密を避けつつ、通年で多様な人を呼び込める場を目指す。

同町で17~23日に開かれたワーケーションのモニターツアー。太平洋を望む旅館やコワーキング施設で参加者が仕事をしつつ、朝の海岸清掃、昼のビーチサウナ、夜のたき火会を体験した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン