/

この記事は会員限定です

ふるさと納税 福井・坂井市、市民参加で財源も活気も

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

ふるさと納税の寄付額が2年連続で増え、2020年度に10億円以上となった北信越5県の自治体は、新潟県燕市や福井県敦賀市など計10市だった。知恵を絞った返礼品は、財源確保や地域産品のファンづくりに役立つだけでない。地域住民に活気を与える取り組みもある。

「マスコット・キャラクターの名前は小学生の投票で決めてはどうか」「購入するキッチンカーの冷蔵ケースは横置きが良いのでは」。福井県坂井市の兵庫地区まち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1406文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン