/

この記事は会員限定です

群馬県、古民家再生で官民連携チーム 県内各地に設置へ

[有料会員限定]

群馬県は古民家の有効活用を促すため、県内各地に官民連携チームを立ち上げる。地域の不動産会社や金融機関、自治体などが一体となり、活用可能な古民家の情報を収集したり、所有者と利用希望者をマッチングしたりする。使われなくなった古民家を「地域資源」と位置づけて住居や店舗としての利用を促し、移住者の増加や地域活性化に結びつける。

群馬県によると、県内には1950年以前に建てられた住宅が2018年時点で約3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン