/

秋田・玉川温泉、年内に旅行業参入 近隣巡るツアー

湯治宿「玉川温泉」と「新玉川温泉」を運営する玉川温泉(秋田県仙北市)は12月をメドに旅行業に参入する。県知事に申請し、隣接する市町村などにツアーを企画できる第3種旅行業に登録する。家族連れが多い新玉川を起点に、近隣の温泉地や観光名所を紹介する。2022年5月の大型連休明けから本格始動させる。

登録に必要な旅行業務取扱管理者試験に合格した従業員が1人いる。今後、さらに増員できるよう準備を進める。

プランは今後詰めていくが、近隣の温泉地を巡ったり、歴史や文化なども学べたりするツアーを企画する。同じく仙北市内にある乳頭温泉郷や岩手県の八幡平温泉郷の温泉巡りのほか、江戸時代の風情が残る角館の武家屋敷通り、近隣の酒蔵などを日帰りで訪ねるコースを検討している。

それぞれの地域でガイド本には載っていない料理がおいしい飲食店も案内できるようにする。冬場には自然を体験できる「アクティビティー」を企画し、雪上車に乗ってブナの森を散策することも計画している。

玉川、新玉川温泉は利用客がそれぞれ異なる。玉川は療養のため訪れる湯治客が中心。一方、新玉川はリゾート感覚で宿泊してもらい、観光拠点として長期滞在者の獲得を目指す。旅行業参入で近隣観光という選択肢を増やし、心身のリフレッシュにつなげてもらう。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン