/

この記事は会員限定です

イチゴ栽培のスマート化 千葉市農政センターで推進

[有料会員限定]

千葉市や金融機関が農家のIT(情報技術)活用や有機栽培の導入を後押ししている。千葉市は農業振興を担う千葉市農政センター(同市若葉区)でスマート農業の実証実験ができるようにするなど、機能強化を目指す。京葉銀行は商談会を開き、事業者のマッチングを支援している。

農政センターは農業技術の指導や担い手の育成などに取り組んできたが、開設から40年以上が経過。既存の農業用ハウスはかつて市内で盛んだった花き栽...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1121文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン