/

この記事は会員限定です

東北の公的資金注入行、返済へ新たな資金調達の動きも 

[有料会員限定]

東北の地方銀行で公的資金が注入されている5行のうち4行が、3年に一度更新する返済に向けた経営強化計画を発表した。各行は本業の貸出金利息収入に加え、コンサルティング分野など新たな収益源の確保で内部留保に努めているが、環境は厳しい。返済期限が迫るなか、新たな資金調達の動きも出てきそうだ。

みちのく銀行フィデアホールディングス(HD)傘下の北都銀行(秋田市)、じもとHD傘下のきらやか銀行(山形市)と仙台銀行(仙台市)の4行の経営強化計画...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン