/

この記事は会員限定です

「千葉ワイン」じわり存在感、2年間で3醸造所 個性競う

[有料会員限定]

千葉県内でワイナリーの新設が相次いでいる。この2年間で多古町、八街市、船橋市に3醸造所が誕生し、2022年から出荷が本格化する。県内にはそれまで老舗醸造所が1カ所あるのみで、参入は約80年ぶり。現状は県外の原料を使うが、県内でブドウづくりに挑む例もあり、個性を競いつつ「千葉ワイン」の存在感を高める。

米作りが盛んな多古町の「船越ワイナリー」は20年2月、地元の農家有志が設立し、同年11月に醸造免...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン