/

この記事は会員限定です

日鉄29日に呉の高炉休止 下請け、事業転換はいばらの道

高炉休止 揺れる城下町㊤

[有料会員限定]

日本製鉄・瀬戸内製鉄所呉地区(広島県呉市)が2023年の閉鎖に向け、29日に高炉を止める。1962年の火入れから約60年。同地区で働く約3000人のうち半数の業務がなくなり、現場労働などの下請け作業を担ってきた地場の協力会社も仕事を失う。地域経済への影響も深刻だ。活路を模索する企業や地域の動きを追う。

製鉄所内で機械のメンテナンスなどを手がける山陽興産(呉市)。圧延など下工程の業務に人員をシフトするが、高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2073文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン