/

白井屋ホテル、開業1周年でアートイルミネーション

白井屋ホテルは開業1周年を記念してアートイルミネーションを実施する(前橋市)

芸術作品を多数設置する白井屋ホテル(前橋市)は11月19日から12月25日まで、電飾を使う芸術で彩る「アートイルミネーション」を実施する。開業1周年を記念するもので、群馬県を拠点に活動している芸術家の鬼頭健吾氏が手掛ける。11月7日までプロジェクトへの支援金をクラウドファンディング(CF)で募る。

電飾を施すのは国道から商店街をつなぐホテルのパサージュ(抜け道)。地元の人々の生活動線になっており、電飾は誰でも楽しめる。色鮮やかな大量のフラフープを不規則に設置する予定。白井屋ホテルは22年以降も毎年アーティストを変更しながら冬場の電飾を行う方針。

アートイルミネーションを設置する白井屋ホテルのパサージュ(前橋市)

白井屋ホテルがCFを実施するのは今回が初めて。READYFOR(レディーフォー)で実施している。支援金額に応じてホテル宿泊券などの返礼品を用意した。22日時点で目標金額の500万円を突破しているが11月7日まで続ける。予算が増えた分、アートイルミネーションの規模を拡大して実施する方針。

鬼頭氏は愛知県出身で群馬県在住。立体芸術や絵画など現代美術を手掛ける。2019年度に京都市芸術新人賞を受賞しており、京都芸術大学大学院教授も務める。白井屋ホテルには鬼頭氏がアートを手掛けた客室もある。鬼頭氏は「冬は前橋でアートイルミネーションを見よう、というような思いが共有できるよう、みなさまと一緒に作り上げるプロジェクトとして育てていく」とコメントしている。

鬼頭氏がアートを手掛けた白井屋ホテルの客室(c) Shinya Kigure

白井屋ホテルは20年12月12日に開業した。ジンズホールディングス社長の田中仁氏が建設プロジェクトを主導し、江戸時代から続いた老舗旅館を再生した。芸術家や建築家など国内外のクリエーターが多数プロジェクトに参加している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン