/

中小企業にプロ人材紹介 岡山県、金融・人材会社と連携

人材紹介会社20社と岡山県内の9金融機関がプロジェクトに参加する(21日、岡山市のテクノサポート岡山)

岡山県は21日、県内の9金融機関、人材紹介会社20社と連携した人材仲介のプロジェクトを発足させた。金融機関が取引先の中小企業などから人材ニーズを掘り起こし、県の拠点を通して情報を共有した人材会社が専門的な知識を持つ人材を企業に紹介する枠組みをつくる。県は金融機関との連携を強め、人材仲介の幅を広げる。

金融機関はトマト銀行やおかやま信用金庫など、人材紹介会社はパソナ、ビザビ(岡山市)など。岡山県の「プロフェッショナル人材戦略拠点(プロ人材拠点)」が「金融機関連携プロジェクト」を発足させ、金融機関と人材紹介会社が21日に覚書を結んだ。

プロ人材拠点は大都市で働く転職や副業などの希望者と地方企業の橋渡しをする役割を担い、東京都と沖縄県を除く全国に配置されている。岡山県では2015年に県の外郭団体の産業振興財団に開設された。今回の枠組みなどを通し、年間で60人のマッチングを目指すという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン