/

高知の景気判断据え置き 日銀1月、先行き警戒感

日銀高知支店は21日発表した高知県内の1月金融経済概況で、景気判断を「持ち直しの動きが続いている」と据え置いた。ただ新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、「個人消費の一部で影響が見られ始めている」と先行きへの警戒感を強めた。

個人消費全体は「持ち直している」という判断。その中で年末年始、盛況だった飲食をはじめとするサービス消費と観光が、ここ数日間の感染急拡大で変調の兆しが出てきた。飲食店の客足が落ち始めたり、宿泊施設の予約キャンセルが入り始めたりしている。

製造業はまだコロナの影響を受けておらず、全体では原材料不足の影響がありながら、緩やかな持ち直しの動きが続く。

同支店は今後の県内景気について、「(コロナ感染再拡大などが)景気を下押しするリスクに注意を要する」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン