/

岡山大学、AIで水槽の魚を非接触計測 自動養殖に

岡山大学発スタートアップのビジュアルサーボ(岡山県備前市)と岡山大学は人工知能(AI)を使って水中の魚の体長を瞬時に計測するシステムを開発した。2台のカメラを用い、非接触で済むため魚を傷めるリスクも避けられる。自動養殖につながる技術として、実用化へ協業するパートナー企業探しを進める。

今回、水槽内のメダカについて、他の魚が混在する環境などでも計測できることを確かめた。水槽に対して2台のカメラを同一方向からやや内向きに設定。事前に撮影して登録したモデル魚を手掛かりに、水中内で泳ぐメダカを捉え、2台のカメラの画像を照合することで寸法を正確に計測する。計測データはシステム内で蓄積できる。

メダカの体長は30ミリメートル程度だが、同サイズのルアーを使った検証では平均誤差は1ミリメートル以下にできるという。大きい魚になるほど計測はしやすくなる。

実用化できれば自動養殖を支える技術になる。魚の給餌や育成管理に役立つほか、出荷時などに手作業で計測したりする手間も省ける。すでに観賞魚や食用のサケ・マス養殖関係者らにニーズがあるという。

ビジュアルサーボは空間認識センサーに強みがあり、複数の特許を所有する。市販の計測センサーは赤外線を用いるものがあるが、太陽光下の屋外や水中では使用が難しかった。今回の手法は可視光のみのため、水中、屋外、屋内いずれでも対応できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン