/

長野県、伊那や駒ケ根など5市町村で時短要請 

長野県は21日、伊那市、駒ケ根市、箕輪町、南箕輪村、宮田村の5市町村で酒類を提供する飲食店等に営業時間短縮や休業の要請をすることを決めた。期間は23日から6月5日まで。要請に応じた事業所には規模に応じて1日あたり2万5000円~7万5000円の協力金を支給する。

関連予算として一般会計で11億円を知事専決処分した。感染防止のガイドラインを守っていない酒類を提供する飲食店等には休業を要請。それ以外の酒類を提供する飲食店等には、午前5時~午後8時までの範囲で営業するよう要請する。

県は同日、南信州、木曽、北アルプスの3圏域で、県独自の新型コロナウイルス感染警戒レベルを「4(特別警報Ⅰ)」に1段階引き上げた。県内の感染警戒レベルは、時短要請を出した5市町村が「5(特別警報Ⅱ)」で、それ以外の全県が「4」となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン