/

中部横断道、山梨ー静岡8月29日に全線開通

国土交通省甲府河川国道事務所は21日、中部横断自動車道の山梨―静岡間(74.3キロメートル)が8月29日に全線開通すると発表した。同区間で唯一工事が続いていた南部インターチェンジ(IC、山梨県南部町)―下部温泉早川IC(同県身延町)間13.2キロメートルが同日午後4時に開通する。これにより、山梨・静岡両県庁間の自動車での所要時間が約95分と国道を使った場合より70分短縮されるという。

山梨県の長崎幸太郎知事は「静岡県をはじめ中京圏や関西圏などの全国の高速道路ネットワークとつながり、国土の物流・人流の基軸となることが期待され、企業立地や観光振興に、さらに弾みがつくと考えている」とのコメントを発表した。

今回の開通により、山梨県と静岡県の清水港(静岡市)とのアクセスが向上して海外輸出の促進が期待されるほか、企業立地による雇用の創出や富士山を囲む広域の周遊観光ルートの形成なども期待されている。

中部横断道の山梨―静岡間の全線開通は当初、2017年度を予定していたが、想定より岩盤が硬い部分やもろい部分があったためトンネル工事で難航し、これまで3回にわたって開通時期が延期された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン