/

福井県、コロナ警戒レベル下げ「警報」に 

福井県は21日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う警戒レベルを県独自の「感染拡大警報」に1段階下げると発表した。期間は22日から8月20日。県民向け宿泊割り引きや消費喚起策「GoToイート」の新規受け付けを再開する。直近1週間の新規感染者数はさらに1段階下げた「注意報」水準に近づくが、お盆などを控え「警報」にとどめることにした。

「感染拡大警報」への切り替えを発表する福井県の杉本知事(21日、福井県庁)

21日の定例記者会見で杉本達治知事は「都市部に比べて医療機関が脆弱な状況がある。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の出ている地域からの帰省はできるだけ避け、帰省する場合は2週間前から会食などリスクの高い行動を控えて」と話した。

ワクチン接種については「10月末には希望される皆さんの接種を終えられる」と改めて強調した。接種希望者を対象者の85%として、職域接種などを除いて県内の市町での接種は約100万回分と見込む。すでに県内で約44万回分の接種が終わっているといい、現在のペースで接種が進めば10月中に終わる計算とした。「個別の市や町で遅れるところがあれば応援したい」とも話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン