/

大学生と連携の「あつ森」無人島完成 静岡県藤枝市

静岡県藤枝市は21日、任天堂のゲームソフト「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」の中に作った「無人島」の完成報告会を開いた。市をモチーフに、同市にキャンパスがある静岡産業大学の学生と連携して作った2つの無人島を公開。新型コロナウイルス禍の巣ごもり需要で人気のゲームを通じ、観光客の誘致を狙う。

無人島は中山間地域を再現した「ふじえだおちゃの島」と、市街地を再現した「ふじえだサッカーの島」の2つ。市のホームページ上に、無人島に行くためのID「夢番地」を公開した。朝ラーメンや茶畑など市内の観光資源を楽しめる。ゲーム内の無人島と実際の観光地を比較できる2分程度の動画も作成した。

藤枝市の北村正平市長は「見て楽しんで藤枝を知ってもらえるきっかけにしたい」と期待を示した。今後は年内にも2つの島それぞれを紹介する5分程度の動画を公開する。コロナ禍後のインバウンド(訪日外国人)需要の回復を見据え、2022年4月以降に英語版動画の公開も予定する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン