/

この記事は会員限定です

中四国、地ビール醸造所10年で3.9倍 障害者就労も

データで読む地域再生

[有料会員限定]

中四国地方でも地ビール醸造所が年々増加し、地域経済の活性化につながっている。もともと地ビールは個性が売り物。果物など中四国ならではの原料でご当地ビールを提供し、街づくりや地域おこしの核にする動きも目立つ。一方で障害者雇用のために地ビール醸造に乗り出す社会福祉法人もあり、地ビール効果は様々な分野に活気をもたらしている。

データで読む地域再生

中四国の地ビール醸造所数は一時期減少していたが、2015年以降、再び増加傾向とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1758文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン