/

中国財務局長が就任会見「優れた金融、全国に発信」

柴田氏は地域金融にも造詣が深い(21日、広島市)

中国財務局の柴田聡局長は21日、広島市で就任記者会見を開いた。中国地方の金融機関は先進的な取り組みが多いとし、「全国の金融機関に教訓を与える優れたモデルを発信していきたい」と述べた。取引先を財務以外でも詳しく評価する「事業性評価」や、エクイティ(資本)支援などの事例が優れているという。

地域経済を襲う新型コロナウイルス禍については「まずは資金繰りに万全を期す。事業者支援や事業再生も大きなテーマになる」と話した。

柴田氏は8日付で局長に就任。岩手県出身で、金融庁監督局で地方銀行を所管する銀行第二課長などを務めた。地域金融機関の合併・再編については「再編だけが正解ではない。各金融機関が経営戦略のなかで判断することだ」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン