/

この記事は会員限定です

香川大生、動物使わぬバーガー店開業 SDGsに配慮

[有料会員限定]

香川大学の学生が原材料に動物性の食材を使わず、穀物や野菜だけでつくるハンバーガー店を高松市に開業した。SDGs(国連の持続可能な開発目標)を意識している。原材料の仕入れから売上高の管理までを自身で手掛ける。新型コロナウイルスの感染が収束しない中だが、5月に店を開業し通販向け商品の開発など試行錯誤を続けている。

店名は「ほーぷバーガー」。コンセプトに「今よりも希望あふれる世界を」を掲げる。販売する料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン